記事一覧

トップ > 連絡・報告・近況・挨拶 > クレジットカード作った

クレジットカード作った

2019.09.21 12:14

8月末に久々にクレカを申し込んでみました。 しかも一気に4枚も…

10月の消費税増税に伴い、支払額の5%または2%をポイントやキャッシュバックで還元する制度のお陰で、どこのクレジット会社も顧客取得の為にキャンペーンを行っており、自分に見合ったキャンペーンが幾つかありましたので、この機会にと作ることにしました。

では、先ずは1枚目。
続き

セブンカード・プラス

ファイル 805-1.jpg

選んだ国際ブランドはJCBです。

色々と細かく条件を設けていましたが、8月末までの申し込みで最大7000nanacoポイントの贈呈がありました。(9月に入ってからは、新たなキャンペーンを設けているようです)

その条件とは、国際ブランドをJCBにしたり、セブン銀行を引落口座に指定したり、メルマガの登録やnanacoのオートチャージなどなど、結構細かくて項目が用意されていてポイント獲得まで面倒だったりしますが、セブン系列を良く利用する方なら申し込む価値はあるのではないかと思います。

元々うちの母親がセブンカードの会員だった為に自分が作る必要性はあまり無かったのですが、日頃からセブンイレブンでモバイルnanacoを使用していましたし、その為にセブン銀行に口座を作ったり、最近になって自分がイトーヨーカドー(歩いて10分圏内に店舗あり)でちょこちょこっと買い物をする機会も増えてきたことから作ってみることにしました。

まぁ、毎月のハッピーデーや各々のユーザーデータから算出した特割キャンペーンなどを利用する目的もありましたしね。

それとセブンカード・プラスは審査とカードの到着が滅茶苦茶早いです。 8月24日にお昼前に申し込んで『カードオンライン入会受付完了』メールの17分後に可決のメールが届きました。 カードの到着は8月30日と僅か6日で手に入れることができました。

NTTグループカード

ファイル 805-2.jpg

2番目に申し込んだカード。 国際ブランドはVISAを選びました。

カード右上に注目! VISA payWaveに対応されていました。

ネット上で幾ら探してもタッチ決済対応のアナウンスを見付けられず、VISA payWaveのマークがプリントされたカードの画像すら見付けることができませんでしたから、どうやら最近になって対応したようです。(何故アナウンスが無いのか?摩訶不思議)

このカードは他のVISAカードのサブ用に作りました。 サブと言ってもグループ会社のNTTコミュニケージョンズとのキャンペーンを設けてあり、OCNモバイルONE利用者は支払いをこのカードに指定することで1年間毎月500円のキャッシュバックを得られる特典があり、OCNユーザーである当方に見合ったキャンペーンであった為、取得しました。

カード申し込み時に『カード払い取次サービス』を利用するとOCN側の支払先カードの変更も同時に行ってくれるので、ユーザー側の手間は一切ありません。 但し、キャッシュバックの件は専用サイトから申し込まなければ適用されないので、そこだけ注意する必要があります。(キャンペーンは8月末まででしたが、今月も継続されています)

こちらもカードの到着が滅茶苦茶早かったです。 8月25日(日)お昼に申し込んで当日に『カード払い取次サービス受付完了』と『オンライン入会審査状況のお知らせ』のメールが到着。 申込完了から僅か8分での出来事。 続いて8月27日に会員WebサービスのIDが記された『ご入会手続き完了のお知らせ』のメールが届き可決を確認。 8月30日にカードが届きました。

申し込みから5日で到着! 今回のカード作成の中で最短です。

あとで思ったのですが、カードが届く前にOCNのマイページを確認すると既に支払先がこのカードに変更されていたので、『カード払い取次サービス』の受付が完了した時点でほぼ可決しているのではないかと思われます。

今後、通信系のインフラはこちらに統一する予定。 nuro光とgooメール(変更済み)もこちらで支払いするようにします。

イオンカード

ファイル 805-3.jpg

3番目に申し込み。 1枚ぐらいはMasterCardを確保しておきたかったので、Masterを選択。

実のところ、近況3枚を超えると多重申込で否決する可能性が高まるのと、こちらも母親が会員なので急いで取得する必要は無かったのですが、2枚可決の勢いに乗って調子こいて申し込んでしまいました。 (^^ゞ

イオンも歩いて10分圏内に店舗があって、イオン感謝デーの恩恵を受けるのに持っていても損はないかと。 イオンの提携先やイオンモールでも高利益なポイント稼ぎができますしね。

次にときめきポイントの失効を避ける為にモバイルWAONも利用を開始しました。 イオンカードは今では標準で電子マネーWAONが付帯していますが、カードではイオンスクエアメンバーのサイトでときめきポイントをWAONポイントに移行後、WAONステーションかイオン銀行ATMでポイントをダウンロードしてチャージする必要があり、非常に面倒臭い為、PCとスマホアプリで完結できるモバイルWAONを敢えて使うようにしました。

それとイオンカードはiDに対応。 カード申し込み時にイオンiDも発行するよう手続きしました。(これが後に面倒臭いことに…)

さて、イオン銀行の口座を開設してイオンカードセレクトを作ると利用した金額の20%をキャッシュバックするキャンペーンを実施中。 当方は必要以上に口座を持ちたくなかったので、口座を開設せずにノーマルのイオンカードを作りました。 ノーマルのカードでも10%のキャッシュバックがあるようですが、内容を詳しく調べていないので詳細は知りません。

カード申し込みは8月28日の夜7時頃。 翌日29日に『本人確認書類画像アップロードのお願い』メール(イオンはこの時点でほぼ可決)が届き、証明書をアップロード。 9月6日に到着しました。

イオンは可決からカード到着まで時間が掛かるのは有名な話。(明細への反映も非常に遅い) ただ、自分は8日目で届いたので、早目な方ではないかと思います。

マルエツカード

ファイル 805-4.jpg

更に調子こいて4枚目申し込み。 国際ブランドはVISAを選択。 

マルエツカードはイオン提携カードになります。 イオンはVisa payWaveを導入していますので、提携カードとなるこちらのカードもタッチ決済に対応しています。

実はこれ、イオンカードを申し込んだ後に提携カードとして9月1日から新しく発行されるのを知りました。(仮にこのカードの存在を先に知っていたならば、ノーマルのイオンカードは申し込んでいなかったです)

見ての通りイオンのマークがありますから、当然ながら感謝デーなどの特典を受けられて使い勝手はノーマルのイオンカードとまったく同じ。 加えてマルエツで毎週日曜日にこのカードで支払いをすると5%引きと、近所にイオンもマルエツもある当地では両方で使える非常に魅力的なカードであります。

最近の顧客確保に加え、先にノーマルのイオンカードの可決やイオン提携カードであるが故に共通枠であることから、審査が緩くなるのでは?と勝手に解釈して勢いで9月2日未明に申し込み。 なんと当日の14時に『本人確認書類画像アップロードのお願い』メールが届き、可決確定。 イオンカードよりちょっと時間が掛かって10日後の9月12日に無事カードが届きました。

『本人確認書類画像アップロードのお願い』メールが届いた時は、頭の中で「可決したんか!?」と、本当に驚いてしまいましたよ。

今回、取得したカードの中では個人的にNTTグループカードがブルーを基調としたシンプルなデザインで好きですが、マルエツカードも白を基調にシルバーグレーで砂紋のようなデザインを軽く施してシンプルで好みであります。 イオンやマルエツのマークも小柄で押しつけがましさがなく良いデザインだと思います。

さて、ポイントやキャッシュバック還元制度で顧客確保の為に審査が緩くなっているように感じますが、マルエツカードがイオン提携同一枠でありながらも同時期に4枚申し込みですべて可決するとは、さすがに思ってもみませんでした。 勢いを止められず、あとから申し込んだイオンカードは、多重申込で否決だと思っていましたからね。

てか、歩いて15分圏内にイオンもヨーカドーもマルエツ(イオン提携カードがリリースされる前はOMC提携カードが主)もあるのに、何で今まで作らなかったの?と突っ込まれそうですが、ポイントだけ母親に付けてあげて、あとは自分のカードで支払えば自分のカードの方にもポイントが付いていたんで、その方がお得かな?と思ってあまり必要性を感じていませんでした。

ということで、作ったからには少額でもなるべく使うようにして、死蔵させないようにしようと思います。

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して[投稿する]ボタンを押して下さい。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
投稿キー
投稿する場合は[翡翠]の読みをひらがなで投稿キーに入力して下さい。