記事一覧

トップ > パソコン

hp Pavilion dv2200 入手 そして断念 その1

2016.02.15 00:06

オークションで大量にジャンク機を出品しているいつものリサイクル屋で、これまた珍しいモデルが出品されていましたので入手してみました。

因みに落札価格は1,736円になります。

ファイル 539-1.jpg

ドライバー検証時に四苦八苦している際の画像で Vista がインストールされている時のものです。 その四苦八苦した話は追って記事にします。

先ずは入手した dv2200 の簡単な内容から。
…続きを読む

Opera 中国企業へ買収

2016.02.13 19:17

Presto エンジン時代から当方がサブブラウザとして使用してきた“Opara”が、中国企業に身売りすることになった。

Webkit ベースから“Chrome”もどきに変貌し、扱い難さから使用しなくなっていた時期もあったが、Blink エンジンの“Chrome”の普及とともに本サイトの表示テスト用に Blink エンジンとなった“Opera”の使用を再開。 本家“Chrome”よりも軽快な動作で以前の“Opera”に戻りつつある状況下でのこの訃報である。 (中国企業に渡った時点でもう死んだも同然。 敢えて訃報と言わせてもらった)

“Opera”は軽快且つ扱いやすかったブラウザだけに、このニュースは非常に残念である。
…続きを読む

hp Premium PC

2016.02.07 21:27

デモムービーがあったのでそのURLを貼り付け。

 HP HDX Notebook Demo Series

既に仕上げて稼働中でありますが、まだ他のネタがあるので暫しお待ちを。

というか、「別モデルで不具合解消できず」なので、こちらの記事は当分先になりそうです。

hp Pavilion dv2 購入 番外編

2016.02.03 01:12

当方のお決まり、分解清掃を施した際のネタを少々。

ファイル 534-1.jpg

当方が手に入れたPavilionシリーズのPCはすべてシステムボードをボトムシャーシから脱着しないと冷却ファンを取り外すことができなかったのですが、dv2はキーボードを外してパームレストまで外せばファンにアクセスできるように設計が見直されていました。

この状態からファンのみを外せますので、メンテナンス性は格段に上がっています。
…続きを読む

hp Pavilion dv2 購入 その2

2016.01.31 21:27

それではディスプレイを立ち上げた内面を簡単に見て行きます。

ファイル 533-1.jpg

ディスプレイ下の黒い部分(含むキーボードカバー部)は本来ならタッチ式のワンタッチボタンが備わりますが、筐体の薄さと12インチモデルという大きさからバッテリーが収まるようになっており、ワンタッチボタンは廃止されています。

元々この世代の Pavilion シリーズのタッチ式ワンタッチボタンは微調整が利かず操作し難くて使用することはなかったので、装備されていなくても特に困ることはないです。 無理に搭載してキーボードのピッチを圧迫するよりは廃止して正解だったと思います。
…続きを読む

hp Pavilion dv2 購入 その1

2016.01.30 23:57

実は去年の11月に手に入れていたりして… 記事の内容が上手く纏まらず今になってしまいました。

さて、いつも病院へ行った際にお邪魔しています衣料品店の社長が、知人に「Windows7 搭載のパソコンを作って欲しい」と頼まれて組み上げたことがあったそうです。

その際に AMD で仕上げたらしいのですが、どうも Intel と比べるとスペック的に劣っているようで動作が重いと話されていました。(結局、新たに Intel で組み直したそうです)

前々からその言葉が気になっていまして、どの程度のものなのか当方も知りたくなり、手に入れて試してみることにしました。

今回、手に入れたモデルは hp Pavilion dv2 という12インチモデル。 Pavlion シリーズの中で最も小型なモデルになります。

実はこのモデル、以前からチャンスがあれば手に入れてみたかったモデルでしたが、 AMD モデルしか販売されておらず故障の多いモデル。 尚且つ販売台数も少なく部品調達も難しかったことから、手に入れるのにどうしても今一歩踏み出せないモデルでした。

そんな折になんと海外モデルでしかも Windows7 Home Premium Update 済みが即決6,500円で出品され、冒頭の社長の言葉も気になっていたことから、思い切って即決で手に入れてみることにしました。

その手に入れたdv2の正式モデル名は

 hp Pavilion dv2-1121ea (VG632EA#ABU)

で、後期型となる秋モデルになります。
…続きを読む

アクセスログを確認してみると

2016.01.29 16:43

新雑記帳のアクセスログは毎日確認するようにしています。

この意味は次々とバージョンアップされるブラウザやOS(特にMac系やスマホ)がきちんと判別されてそれがログに反映されているか、また怪しいサイトから訪問されてスパム攻撃をされていないか確認する為であります。

さて、 Windows 10 の無償バージョンアップが始まり、まだまだ不具合がありながらも徐々にではありますが順調に利用者が増えているようで、当方のアクセスログにも Windows 10 がランキングで2位になるほどの勢いを見せております。

その数は Windows 7 の3分の1程度と圧倒的に Windows 7 の利用者が多いのは今までと変わりはありませんが、無償アップデートの終了間際には2分の1程度からそれを超える数にまで上がると予想しています。

続いて Windows 8.1 , Windows Vista , Windows XP , Mac OS X と横並びで、Windows 8 に関しては完全に衰退してしまっているようです。

サポートが終了して1年以上となる Windows XP のアクセス数が意外に多いのには驚き。 セキュリティソフトの対応やブラウザが対応できていれば単独(ネットワークの分離など)での利用は可能でしょうから使えないことはないのでしょうが、海賊版の多い中国ならまだしも日本国内でもこれほどとは思ってもみませんでした。

まぁ、企業向けのバージョン(名称失念)のサポートは確か今でも続けられていたと記憶していますし、半分以上はお遊びで動かしているユーザーなのではないかと思います。
…続きを読む

かなり希少みたい

2016.01.27 12:39

こんなん手に入れた。

ファイル 530-1.jpg

調べると国内サイトでの情報は全く無く、hpの日本語サイトでも見当たらなかった。 どうやら日本未発売らしい。

ただ、hpのUSサイトでは日本語ユーザーズガイドのPDFファイルがダウンロード可能であったり、英語版メンテナンスガイドを読むと日本語キーボードの品番もきちんとあったので、ビジネスノートのnc6400と同様にhpダイレクトで販売する予定だったのかも知れないっすね。
…続きを読む

漸く見つけたKIKIの後継ブラウザ

2016.01.19 22:30

IE9のサポート終了とともに終焉を迎えるIEコンポーネントブラウザ“KIKI”の代替えとして“PortableSleipnir”(中身はSleipnir2)を使用していましたが、Windows7(以下Win7)+IE11での動作不安定と、Windows10(以下Win10)+IE11ではまったく使えなかったことから新たにブラウザを探したところ、当方が十分に納得できるブラウザを漸く見つけることができました。

ファイル 528-1.jpg

その名は“Ancia(アンシア)”というブラウザで、Win10にも正式に対応されたIEコンポーネントブラウザになります。

 配布元 http://www.egrath.net/

対応OSはWindowsXP(以下WinXP)からWin10までと幅広く、IE6からIE11まで対応できます。 IEはOSが対応されているバージョンまでのサポートとなりますが、それでも未だにWinXPやIE6に対応させているところが凄いと思います。
…続きを読む

オーブンレンジでリフロー

2015.12.26 01:33

先ずは前置き。

先月の中頃、AMD機を使用したくなって12インチモデルとなる Pavilion dv2 を手に入れた。

実は以前から手に入れようか悩んでいたPCであったのだが、12インチモデルはメール保存用にhp nc2400に加えて通常使用にlenovo X200、サイト作成や新雑記帳更新用にCF-R6を使用しており、その代替機としてlenovo X200sがあったので購入は見送っていた。

今回のdv2はUKモデルでhp純正のWindows7アップデートディスク付き即決6,500円だったので、間髪入れずに即決してしまった。(このUKモデルのdv2の記事は現在執筆中。アップ時期は未定)

ところが商品が届いて確認するとオークションフォームで綺麗な状態と説明があるにもかかわらず、ディスプレイに少々大き目な目立つ線傷はあるし、外装廻りのメッキパーツには剥がれが目立つ。底面にはゴム足が2つ欠損していたり、HDDには不良セクターが数ヶ所あったりと散々であった。

ということで、どうしてもこれら部分を修復し、見栄えをもう少し良くしたかったので、綺麗なジャンク機が出品されるのを待つことにした。

この『待つ』の意味であるが、元々dv2にはAMD機しか存在しておらず、あまり人気のあったモデルではなかった為、球数が少なく綺麗な個体が手に入り難いモデル。

しかも当方が手に入れたのは店頭販売モデルの『 ZEN-design asagiri 』となる為、殆んど見掛けることがない。加えてデュアルコアとなった後期型の秋モデルと年単位で待たなければ手に入れられないほど希少なモデルである。

がしかし、なんと運良く同モデルの日本仕様が今月になってジャンクとして出品されたのでこちらも間髪入れずに入札して手に入れた。

で、ここからが本題。
…続きを読む

ページ移動